バックパックひとつで世界中を周りたい

Posted by jpf | 未分類 | 金曜日 4 4月 2014 12:27 PM

この季節、入学式、入社式がたけなわですよね。

昔だったら満開の桜の下、入学式が行われていた気がするんですが、どんどん季節が前倒し。昨今桜の満開は3月の末だったりして、入学式じゃなくて、むしろ卒業式のときに桜が見頃だったりしますね。

先日その卒業式の様子をTVで放送していました。

どこかの小学校の卒業式だったかと思います。

卒業生が一言ずつ今後の進級や将来に関して、夢や希望、抱負なんかを述べるんですが、中に「バックパックひとつで自転車に乗って、世界中を一周してみたいと思います」と言っている子がいました。

なんか感動しましたね。

自分と夢が一緒だからそう思ったんでしょうか?最近は良い大学を出て、安定した職業に就くことが夢・・・というようなことを言う人が多い中、子どもにして(むしろ子どもだから?)将来にとらわれずこんな風に言えるなんて。

実際他の卒業生の中には、「一生安定した生活ができる仕事に就きたい」って言った子もいたんですよ。

でもこの子を見たら、まだまだ日本も捨てたもんじゃない!おもしろそうな子がいっぱい出てきそうだなって期待できた瞬間でした。

こちらも負けないようにがんばらないと!またまたバックパックひとつでアフリカに行きたくなる私なのでした。

三台のトラック

Posted by admin | 未分類 | 土曜日 22 3月 2014 1:21 PM

 僕の家の前には大きなビルがあります。そのビルから、毎日トラックが三台、決まった時間に出て行きます。

 けれど、僕はトラックがそのビルに入っていくところを見たことがありません。出勤するときも帰宅するときも、残業で遅くなったときも、ベランダからぼうっと外を眺めているときも、たまたま早起きをしたときも、ゴミ出しをするときも、そのビルにトラックが入ってくるところを見たことがありません。
 出入り口は一つです。裏の通りは別のビルが立っているので、道路に面しているのはこちら側だけです。

 なのに、毎朝、決まって三台のトラックがビルから出て行きます。一体何を積んでいるのでしょうか。一体、あのトラックは、どこから出てきているのでしょうか。あのビルの中はどうなっているのでしょう。大量のトラックが保管されているのか、それとも……。

アフリカ勢が冬のオリンピックにも!

Posted by jpf | 未分類 | 月曜日 24 2月 2014 7:48 PM

ソチオリンピック、終わりましたね。

テレビでは毎日、「メダルがどうの…」って騒いでましたよね。

選手にしてみれば、いい迷惑だと思いますよ。

どの選手もみんな、出るからには勝ちを狙いたいだろうし、

全力でガンバルのは当たり前のこと。

そもそも、日本の代表として、あの場所に行けるっていうだけで、

すごいことだと思うんですよね。

それに、出るための「出場枠」っていうんですか?

あれを勝ち取る、つまり、ニッポンがその競技に参加するための権利ってやつを

勝ち取ったっていうことだって、すごいことですよ。

今回、特にその「出場枠」っていうのを意識したのは、

フィギュアスケートの団体戦の時。

日本は、男子も女子も、ショートプログラムとフリーとで、

別の人が滑りましたけど、

他の国では、同じ人っていうのが多かったんでしょ。

あれって、そういう作戦の国のほかに、

出場枠が1つしかなくて、その選手しかいなかったっていうのが、あったんですよね。

まあ、日本もペアとかアイスダンスはそうでしたけど。

ということは、3人ずつ枠を確保したっていうの、スゴいことだったってことです。

ロシアの男子が、まさか1枠しか無いとは思わなかったし。

そう考えると、今回アフリカ勢が参加していたっていうの、

結構スゴいことだったと思います。

浜松の性感へ通い疲れをとろう

Posted by jpf | 未分類 | 金曜日 13 12月 2013 6:26 PM

今週10日に、南アフリカ共和国のマンデラ元大統領の
追悼式が行われましたね。その様子を
テレビで見た方も多いと思います。
南アフリカというと、ほとんどの人がその過酷な歴史を
思い浮かべることでしょう。
必ず聞いたことがあるはず、あのアパルトヘイト。
そのアパルトヘイトを撤廃しようと尽力して、南アフリカで
初めて黒人で大統領になったのがマンデラ氏だったんですよね。

10日にあった追悼式で、各国要人が追悼の言葉を
述べるそのそばで、手話通訳をしていた黒人男性がいたんですが、
なんと、その手話がデタラメだという報道がされていました。
ワイドショーでも事細かく解説をしてくれていたので、
よく分かりました。手話が全く分からない自分にも、分かりました。
これは違うと。

なんでこういう事態になったものだか。理解に苦しみますけど
なんだか笑ってしまう出来事でした。他に完璧にできる人が
いなかったんでしょうかね~?

こちらは本物だと評判です。浜松の性感のお店。
さすがプロ、マッサージの技術はかなりのものです。
全身のコリをほぐして、疲労もすっかり回復し、
元気を取り戻せると大人気なのです。
今年の疲れをここら辺ですっきりとって
来年へ向けての英気を養うのもいいんじゃないでしょうか。

春樹短篇

Posted by admin | 未分類 | 金曜日 29 11月 2013 1:23 PM

 今月号の文藝春秋に村上春樹さんの新作短篇小説が載っているらしいですよ。ドライブなんたらとかいう。

 さほど村上好きでもない私ですが、一応新刊が出ると買ってます。どっぷりと浸る人の気持ちはわからないけれど、おもしろいことはおもしろい。特に短篇は好きなので、文藝春秋も買ってこようかなと。短篇ってことは単行本になるのは当分先だろうし。下手すると未収録のまま終わっちゃう可能性だってありますから。村上さんだってもうそこそこのお年でしょう?

 そういえば昔、高橋源一郎さんがデビュー前に村上春樹さんの群像新人賞受賞作を読んで、「先にやられた!」って思ったというような記事を読んだことがあるような気がします。なんの雑誌だったか忘れましたけど。

 私にはこの二人の作品の共通点というものが全くわかりません。きっと読み方が浅いせいなんでしょうね。

アフリカ旅行について

Posted by jpf | 未分類 | 火曜日 26 11月 2013 10:06 AM

一度アフリカに旅してみるとわかりますが、アフリカはハマる人はハマる!

もちろん私みたいなタイプは何度でも行きたくなる場所ですよ。

逆に一度行ってみたから、もう良いかな?と感じる人もいます。

ここがハワイなんかとは違うところ。ハワイだったら大体の人がまたもう一度行きたい!って思いますよね。

観光化されているわけだから、初めて行ったとしても全てにおいて快適ってことなんでしょうね。

それに決してハワイが日本から近いわけではないけれど、それなりの時間で行くことができるし、

何より飛行機の便数なんかも多数あるから、かなり自分の都合で行き来できますしね。

その上時期を選べば、かなり安くも行けますし。

たくさんの人が旅行する土地の利点とも言えますよね。

その点アフリカは遠い。その上自由自在というほどの便数もあるわけじゃない。

旅行代金も安いか高いかと聞かれれば、人の価値観によって一概には言えないけれど、

特別安いツアーがふんだんにあるわけでもない。

ただ得られるものは大きいと思いますね。ハワイと比べて・・・というわけじゃありませんが。

ただもしもアフリカに行くなら、若いうちの方が色々観て回ることができるかな?

なんせ広い場所なんで移動も多いし、身体的に無理が利く年齢のときに行くほうが楽しみが増えると思うんですよ。

 

年末年始の旅行はアフリカへゴー!

Posted by jpf | 未分類 | 火曜日 22 10月 2013 11:40 AM

台風が連チャンでやってくるようですね。
なんと今年はもう28号まで発生しているようです。
コッチこないで、消えてなくなってくれないかな~、と思います。
だって、台風がくるたびに電車が止まったり、遅れたり。
駅が大混雑するから、どこにも行けない!
日々、鉄道各社がどれだけ便利に、規則正しく電車を運行してくれているかということを、あらためて感じます。
毎日、安全に快適に電車を走らせてくれる人々に感謝しなければと思うのです。

ところで、今年の年末年始の旅行はどこに行きますか?
って、まだそんなこと考えてない人の方が多いかも。
でも、そろそろ考えておかないと、アッという間に12月になってしまいますよ。
おすすめなのは、もちろんアフリカ関係。
アフリカツアーで定評のある道祖神という会社のウェブサイトがあるのですが、そこはアフリカ初心者にもおすすめ。
安心して、ツアーをお任せできると思いますよ。
ちなみに、そこでいまおすすめしているツアーをチェックしてみると、
「ケニア・サファリ・ハイライト10日間」とか、
「ボツワナ・サファリと大瀑布、そして喜望峰9日間」とか、
「ナミブ砂漠で初日の出、ナミビア・キャンプ8日間」とか、
「チュニジア・ラクダと歩く砂漠旅10日間」なんていうツアーが紹介されています。
どれもゾクゾクするような、おすすめツアーです。

今年の年末どこに行く?

Posted by jpf | 未分類 | 日曜日 13 10月 2013 12:14 AM

とある旅行に関する意識調査によると、
今年の年末に旅行に行きたいと思っている人は全体の8割にもなるそうです。
行先の1番人気は国内旅行、次にヨーロッパ旅行、
3位はアメリカ旅行となっているそうです。
また、gooランキングによると、
一度は訪れてみたい海外の名城、古城としては、
1位がフランスのシュノンソー城、2位はドイツのノイシュバンシュタイン城、
3位はロンドン郊外にあるウィンザー城となっているそうです。

そうか~。
お城に行きたいなんて、考えてみたこともなかった~。
女子たちが目をお星にして、お城にいる自分・・・を妄想している光景が目に浮かぶようです。
というのは、偏見で・・・。
たしかに、時を経たお城というのも、かなり味わい深いものなのだろうなと、
そう思いました。

ともかく、どこでもいいから、
どこかにでかけてみるというのが大切だと思います。
どこか遠くにでかけて、いつもと違う空気に触れてみること。
それだけで、生まれ変わったような不思議な体験ができちゃうなんて、
旅ってスゴイよな~といつも思います。

年末にはまたアフリカを目指して出発したいな~と思っていたけど、
いまのところ、準備が整わず難しそうです。
残念。
でも、最近は政情がさらに不安定になっているようだし、
いろいろな意味でアフリカ方面は難しそうだな。
平和が1番、なんだけどね。

梅田の前立腺マッサージがいいらしい?

Posted by jpf | 未分類 | 日曜日 6 10月 2013 10:16 AM

自分の体験だけでなく、
最近はネットでアフリカの最新情報をあたっています。
ケニアの武装テロのような剣呑なニュースも多く、
危険なイメージばかりがクローズアップされるのではないかと、
ちょっと心配。
そこで、なんだか面白そうなニュース記事をピックアップして、
ご紹介したいと思います。

それは、南アフリカのコンドームの話題。
南アフリカでは意外な使われ方で避妊具が活用されているそうです。
しかも、ご使用になっているのは老人たち。
その使われ方というのは、
関節痛の治療のため。
???
一体、コンドームと関節痛の治療に、
どのような因果関係があるというのか?
なんでも、コンドームに使用されている潤滑オイルが、
関節痛の痛みを緩和するという効果があるのだとか。
痛い関節にコンドームをこすりつけることで、
痛みが和らぐのだそうです。
アフリカではエイズ対策のためにコンドームが無料で配布されているため、
そうした使い方が普及したといわれているそうです。
たくましく生きるアフリカの人々を象徴するお話でした。

ところで、先日、大阪に自転車ででかけた友人より、
梅田の前立腺マッサージがサイコーだという情報をゲット。
早速、でかけてみようと思っています!

トウモロコシって

Posted by jpf | 未分類 | 木曜日 26 9月 2013 3:48 PM

すっかり市民権を得たとも言える「糖質オフダイエット」。

米のほか、パンや麺、パスタなどの小麦製品を控えるっていうあれです。

この主食たちの他にも、気をつけないといけないのが、

イモやカボチャなんだそうです。

確かに、見るからに「炭水化物」って感じで、野菜の仲間とはちょっと違って見えますよね。

で、もうひとつ、ちょっと意外な感じがしたのがトウモロコシ。

「野菜ですか?穀類ですか?」って聞かれると、う〜ん、ちょっと悩みますよね。

日本では、トウモロコシといえば、ゆでたり、蒸したり、焼いたりして、

そのまま「おやつがわり」に食べられるケースが多いからかもしれません。

食事として食べる時は、コーンスープとか、コーンサラダとかが一般的かな。

だから、「穀類」っていう意識、ぜんぜん無いんだと思います。

でも、世界の国々の中では、トウモロコシの粉が主食っていう国が結構あるんですよね。

「そういえばテレビで見たことがある!」って思い出す人も多いんじゃないでしょうか。

そんな食べ方を考えると、トウモロコシは主食の仲間、つまり米や麦と同じ扱いっていうのが

ちょっと納得できる気がしませんか。

同じものでも、食べ方っていうか用途が違うっていうの、ちょっと面白い感じがしますね。

 

次ページへ »